ビジョンマップ代表

株式会社ビジョンマップ
代表取締役
村中 淳児

SEO対策

「とりあえず会社のパンフレットをそのままホームページにした」
「時代に乗り遅れるな!という勢いだけでホームページを作った」という経営者の方の声を良く聞きます。

ビジネスでも、しっかり戦略を立てて営業活動を行いますが、ホームページも同じ事が言えます。
Who(誰が) What(何を) When(いつ) Where(どこで) Why(どうして)How(どのように)したいのか。 それを明確にし、「お客様が自社のホームページを見つけやすくする」ことがホームページへの集客の第一歩です。では、具体的にどうすればいいのでしょうか?

国内のインターネット利用者の80%以上が検索している!

現在、国内のインターネット利用者の80%以上が検索エンジンを使用しています。この検索エンジンに登録されることが、ホームページへの集客の第一歩です。しかし、登録されるだけでは、人を集め、売り上げをあげることはできません。

ホームページで売り上げを上げる為には、ただやみくもに集客するのではなく、『見込み客となる』人を集める必要があります。 ある調査で、検索結果の「1ページ目まで」は13.1%、「2ページ目まで」は28.1%、「3ページ目まで」は36.3%である事が明らかになっていま す。 つまり、3ページ目までしか見ないというユーザー(1、2、3ページの合計)は75.5%にも及び、4ページ以降に表示をされた場合、見てもらえない可能 性が高く、ほとんどのユーザーは、検索時に「3ページ目」までしか見ないというデータが出ています。

見込み客が使う確立の高い「キーワード」で検索した際に、検索結果30位以内に表示されなくてはいけないのです。その為、ユーザーに認識され、クリックし てもらうには、最低でも「30位以内」に入る必要があります。 では、どうすれば検索エンジンで上位表示をしてもらうことができるのでしょうか?その答えがSEO対策です。

SEO対策導入まで

お申込・SEO診断
お申し込みをいただきましたら、現在のホームページの運用状況などをヒアリングし、SEO診断を行います。 SEO診断によって明らかになった、現在のホームページの問題点や改善すべき点をご報告します。
ホームページの設計
SEO診断を元に、最終的な目的を最初に明確化することによって、そのためにどうすればよいのかという戦略を検討します。 また、ホームページのターゲットを想定し、ターゲットとなる人が使いやすいデザインやサイト構成を検討します。
ホームページ制作・変更
クライアント様のホームページ担当の方とホームページの目的・方向性を確認しあいながら、ホームページの制作・変更を行います。
アクセス解析による分析・評価
高機能アクセス解析ツールを利用し、アクセス数はもちろん、どのようなキーワードで検索されているか、どの地域からのアクセスが多いか、どのページへのアクセスが多いのか少ないのか、直帰率(1ページだけ見てすぐに他のホームページへ離脱する割合)はどうかなど、さまざまな方向からホームページを分析します。
ホームページの改善
アクセスが少ない、アクセスは多いけど直帰率が多い、アクセスも多く直帰率も低いが問い合わせが少ないなど問題ごとに対処法が異なります。INAでは豊富な経験・知識に加え、最新のSEO情報を元に問題ごとにホームページをどう変えていくべきか、SEO診断及びWebコンサルティング致します。
ページの先頭へ